グレーチングの話2

雑感
09 /15 2015
  昨日の続き。

  さて、今回不幸にも負傷された方をとりあえずAさんとします。事故当時なんとノーヘルだったそうで(;一_一)
 
  全損したバイクを写真で拝見したところシフトレバーが見事に両側とも同じ角度で内側に曲がっています(-_-)/~~つまり真正面から突っ込んだって事DEATHね。奇跡的にというか何故か頭は無傷で右肩を負傷されていましたがもしも頭でしたら相当やばかったのではないでしょうか。

  即入院となったAさん。とりあえずやる事ありません。大好きな自転車も乗れないし((+_+))...。

  んでこう↓↓↓↓

  08f382a329d6e056fc3d4a04d1c310d8dac137c4.gif



   行政が悪い!!

  さて、行政を憎んだAさんが取るべき行動ってどんなん何すかね?と思って調べてみました。

  
 道路管理者とは

道路法において都道府県道の管理はその路線の存在する都道府県が、市町村道の管理はその路線の存在する市町村が行うと定められている。

国道については新設及び改築、さらに政令(一般国道の指定区間を指定する政令)で指定された区間(指定区間という)の国道の管理を国土交通大臣が行い、その他の部分についてはその路線の当該都道府県の区域内に存在する部分について都道府県が管理することとされている。ただし、政令指定都市にある指定区間外の国道と都道府県道は当該の政令市が管理する。

高速自動車国道については高速自動車国道法第6条の規定により、日本道路公団(現在のNEXCO各社ほか)などではなく国土交通大臣が管理を行う。

道路管理者はその道路の路線が指定され、又は路線の認定・変更が公示された場合には速やかに道路の区域を決定・公示しなければならない。これは道路の供用を開始または廃止した場合も同様である。また、その管理する道路について台帳(道路台帳)を作成し保管する義務を負う。

道路管理者は案内標識・警戒標識および高さ・幅・重量制限の標識を設置する。


 ウィキより引用。サノってないよ。




 よくわからんすね(--〆)

 ま、とりあえずグレーチングに枯葉や土が覆いかぶさって見えなかった事や、グレーチングの隙間がタイヤの幅より大きく開いていて俺様のTRECKがはまっちまって前方宙返りからの1人DDTしちまったのは道路管理者であるお前らのせいじゃい!!て事でつかね?
 
 ちなみにDDTってのは昔のプロレス技で(今もあんのかな)


こんな感じ↓↓↓↓

IMG_1239.jpg
痛そゥ(´・ω・`)
 
 判例なんかあるんすかね?ググりますよ~。


 ある事故の裁判ってHPに記事がありましたねぇ。

 

 国や自治体が設置管理する道路に瑕疵(欠陥)があったために損害を被ったときは、被害者は国や自治体に対して損害賠償を請求することができます(国家賠償法2条1項)。示談交渉の段階では、京都市は道路の設置・管理に過失があったことは認めつつも、Sさんにも3割以上の過失があると主張しました。Sさんにしてみれば、まさかグレーチング間にそんな隙間があるとは思ってもみなかったことから、まさに落とし穴に落とされたという思いで裁判に踏み切りました。

市側の過失認める
 裁判では過失割合(Sさんの過失)が最大の争点となりました。京都地裁の判決(2014年11月6日言渡)は、まずグレーチングの隙間につき、道路が通常有すべき安全性を欠いたものであり、国賠法にいう道路の設置または管理の瑕疵があるとして、京都市の損害賠償責任を認めました。そして、本件隙間の大きさからして、自動車、通常のタイヤ幅の自転車及び通行人等が転倒する原因になることは考えにくく、瑕疵の程度はさほど大きなものとは言えないとしました。

 さらに、Sさんの自転車経験からして、ロードバイクに熟知し、そのタイヤ幅の狭いことを認識しており、本件道路も身近であり、グレーチングの存在も認識していたのだから、その隙間の存在を全く予見することができないとまでは言えないとしました。つまり、隙間の存在に注意しながら自転車を運転すべき注意義務がある(道路交通法70条)とし、Sさんにも過失があるとしました。さらに、Sさんが本件隙間に至る前に道路中央付近からやや左側を通行していたことから、キープレフトの原則(同法18条1項)及び交差点右折時の道路側端に沿って徐行する義務(同法34条3項)に違反しているとしました。しかし、それでも本件隙間の大きさからすると、Sさんにとっても発見が容易であったとまでは言えないと、その過失を2割と認定しました。




























 めんどくせぇ...。日本は申請主義国家ですから何事も自ら思い立ち行動に出なければ役所や行政は何もしてくれません...。こりゃ相当エネルギーいるっすねぇ...。

どうも国家賠償法2条1項ってのが裁判になった際の争点になりそうですな...。

 んで↓↓↓↓

WHu9a0NFmhpELGt3d1k6ILHkO8zwMEmnpcss07tSt1k.jpg

これか...。こんなん、個人じゃ無理じゃんね(>_<)どう立証すんのよ(´Д` )


 さすが国家権力!!

 と、結構gdgdな感じになって来てしまいましたが、問題は先送りにし時間が来たようなので次に続きます(๑≧౪≦)


ギャハハwwwww次も宜しくです~↓↓↓↓

                    にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

heckun

 神奈川県県央在住妻子ありのオッサンリーマンローディ。2015年よりロードバイクを始めました。金なし、不器用、知識なしの三拍子そろい踏みですが感じた事、雑感を書き記します。