FC2ブログ

オデダッド小休止からのプチ再開日誌

雑感
05 /05 2019
  大変ご無沙汰しております。2月に記事を更新して以来となってしまいました。記事の更新が出来なかった理由は

 ①zwift始めた事
 ②仕事が何だか超絶に忙しく帰りがずっと遅かった事
 ③超絶にめんどくせぇ(←言い方!)

 なのでありますが、①でも述べたように2月に入った辺りからとうとうzwiftに手を出してしまいまして。あんだけ馬鹿にしてたのに(←言い方!)
 正直ローラーのメニューなんかパイオニアのサイコンで作れちゃうわダウンロード出来ちゃうわなのになんで金払ってまで仮想現実の東洋人離れした顔見ながらローラーやらなきゃいけないんだよ、あんなの想像力の欠如したやる気ナサオがやる道楽国賊アプリであってだな、普通は静かで部屋をまっ暗くしてただ無機質にサイコンが刻むアラームに合わせペダルを踏んでりゃ良いんだよ馬鹿野郎!!(←言い過ぎだ!馬鹿!道楽国賊アプリって何だ!馬鹿!)
 と思っていたんだけど、毎日20分間隔位で開催されるレースとかが楽しいらしいので、疑心暗鬼で始めて見たらこれがまた結構楽しくてwwwwww(←やる気ナサオに謝れ!馬鹿!)
IMG_3217.jpg
 レースに出れば、大体これまでやってたメニューと同じくらいのTSS稼げるし、何より追い込み方(追い込まれ片)がこれまでのローラーメニューとは別物。
 で、これまではほぼ同じメニューを毎日こなして行く中で、調子の善し悪しなんかを日記としてブログに綴ってこれたんだけど、レースとなると、これを綴ろうとするのがめんどくせぇ。「どこどこで誰々がかけて、どこどこで誰々が完全にちぎれてラスト何km地点で残ったのは○○人」なんて事書かれても面白くないでしょ?だいたい人なんて結果しか興味ないんだから。(←言い方!そしてそういうブログを一生懸命書いてる人に謝れ!馬鹿!)そんなこんなで日々の練習を綴るのを躊躇してたタイミングで、ちょうど年度末へ向けての繁忙期と重なりさらにブログを更新しない理由が増えてしまったと言う.....。

 それからあと数日で、季節外れだけどまたまた人事異動があり(3年連続)、職場は変わらないものの仕事の内容が変わってしまうってのもあり、なかなか腰を据えてブログに向き合う時間がとれなかったと言うのも一つ。

 魔の2月、3月、4月がようやく過ぎ去りGWに突入。新元号も「令和」となりました。仕事柄日付を書く機会が多いけど「令和1年」じゃなく今年は「令和元年」にした方がツウっぽいね(←うっせ馬鹿!どうでもいいわ!馬鹿!)

 そんな新時代。こんなつぶやきも。

 こんな事言われたらリムブレーキモデル関連に投資するの躊躇するよな。今更30万するリムブレーキホイール買うか?リムブレーキのフレームセット40万円で買うか?とか考えちゃう。

 想像して欲しい。3年後、イタリア、おフランスのハイスペックリムブレーキモデルの完成車が2万円とかさ。某ハイスペックリムブレーキカーボンホイールが5千円とか。そんなのに乗ってたら「だせぇwwwwwww」とか言われちゃう時代。

 かつてフレームの素材がクロモリからアルミそしてカーボンに変わった時も「バネ感重要」的なクソみたいな(←言い方!)考え方が存在したように過渡期に起こる論争。今回は「リムVSディスク論争」。

 プロがディスクを嫌う理由はレース中のトラブル時に交換に時間がかかる事なんだそう。「超絶ド素人趣味の世界でしかない超ドホビーレーサー」(←言い方!)には0.1mmも関係ない事だからなぁ。
disc_brake_1_edited-1-600x400.jpg
 趣味を長く続ける一つの要素として、時代に沿った機材を持ってるか持ってないかって重要な気がするのよね。「またイチから買えば良いじゃない」みたいな事を言う奴が普通に現れちゃうんだろうけど、買わねーよ馬鹿!(←言い方!)こちとら「超絶ド素人趣味の世界でしかない超ドホビーオッサンレーサー」なんだぞ!(←オッサンというワード増えたな!そしておまえの事か!馬鹿!)
 と、言うことで経済学で言う「サンクコストの呪縛」のようなものに捕らわれているアタクシ。舵を切るのか切らないのか。

 そんな新時代令和。不肖ブログ「絶妙なバランス感覚を養う部屋」も新時代に沿ったバランス感覚で超絶にゆるっと日常を綴って参りますので新時代令和元年もどうぞよろしくお願いいたします。

ギャハハハwwwwwwwまた見てねぇぇ↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
ガンジス川で沐浴すればすべて解決!

スポンサーサイト



heckun

 神奈川県県央在住妻子ありのオッサンリーマンローディ。2015年よりロードバイクを始めました。金なし、不器用、知識なしの三拍子そろい踏みですが感じた事、雑感を書き記します。