FC2ブログ

衝撃のCSC5時間耐久レースFe大事大事編

レース
09 /17 2017
 あいあいあい!土曜日の実走で雨にやられ、急いで帰宅しようと全力で踏み続けるも家まで残り1.5㎞でパンク押して帰ったオデです。

 さて、NewBikeをGetしたMyですが、The time beingそうとりあえずOnceそう一旦The storyそうその話は(←分かりづらいな!馬鹿!)置いておいて7/17(月・祝)に行われたCSC5時間耐久レースのお話をしなければなりませぬな。なりませぬ.....。忘れないうちに。(←つか馬鹿!もう2か月経ってんだよ!馬鹿!)

 前回までのあらすじはNewBikeを購入するためにshopに初号機を持ち込み、詳細な見積もりを済ませ意気揚々と店を後にしたところをチームCloud9のMasaさんに目撃されてしまったオデさんな訳ですが→2位じゃダメポ? その際に知る事となってしまった衝撃的な事実とは何か。ってところでしたね....(←早く行け!馬鹿!)

 アタクシはこのCSC5耐に男女混走2名の部に出場する予定だったのですが、パートナーのあんこ山さんが急激な所用そう急用で残念ながら翌日のレースをDNSとする事となってしまったのです.........
images8ERDOTD3.jpg
 そう、そしてこれを知ったチームCloud9のTatsuyaさんからの提案は2つ。

①今から代役を探す。奥さんとかに出てもらえばいいじゃん。(←はい無理ー。)
②規約上出走人数を減らす方向へのカテゴリー変更は可能なのでソロで出る。(←はい無理ー。)
20050829153535.jpg
お、久々だね。

 アタクシはこの時、「表彰台は確定だし、混走の部を一人で適当に走って、表彰式の時にパートナーは所用で先に帰ったって事にすればいい」とか思ってたけど、途中でさすがにそれは
22aeed46cdfe112d8eef791eaa24c15d_13377.jpg
ゲスィよなゲスィ。
 
 もうソロで出るしか選択肢は残されていなかったようです......。CSC5時間耐久のソロって言ったらあの炎天下の中、CSCを5時間ソロで走るって事ですぜ!(←いやそりゃそうだ!馬鹿!)

 そもそも暑さへの耐性がないアタクシ。耐性つけようと6月、7月は結構乗り込んできましたがさすがに5時間ぶっ通しで乗ることは想定していませんでした。CSCにコンビニはありません。(←当たり前だ!馬鹿!)「このオデに走る事は出来るんだろうかこのオデに5時間も.....」こんな時いつも偉大なロン毛おじさんの名言を思い出すようにしているんです。
20120514202000.jpg
彼も人なりい、我も人なり

 そう所詮人のする事。どんなにすごくたって1馬力位が限界な人間の脚力。アタクシのアドレスV125Gには敵いませんよ。おそッ!弱!!この人間野郎!!(←なんだお前!きもいぞ!馬鹿!アドレスじゃ走れねぇ!馬鹿!)

 とか何とか動揺して挙動言動がおかしい精神を何とか抑えながらクリエイトによって補給やドリンク、冷却スプレーなどをいつものクセで大量に買い込み帰宅。クーラーボックスにこれでもかってくらいぶち込んで翌日の準備完了。この日はなぜだかグッスリと眠る事が出来ました。

 翌朝、ちゃん鹿そう鹿野郎ことしかにくメン(←もう何だかよくわからねぇな!馬鹿!)とORANGE ROADさんに迎えに来て頂き一路修善寺CSCへ。
IMG_1234.jpg
 おお!何だか少し曇ってて涼しそう!!!

 到着して受付へカテゴリー変更の届け出を。受付のおっちゃんに超絶適当に「あいよ~!!」みたいな感じで受け取られて「あーたぶんうまくいかないんだろうな。」と少し不安になる。
 車でコースインして今年も早速設営。
IMG_1235.jpg
ちゃん鹿手製のラックが光る!

 ここに居れるのもスタート前のわずかな時間と、途中のピットインのわずかな時間のみ。この時の記憶は緊張してたんだかあまりないんス(*゚Q゚*)
IMG_1236.jpg 
スタートラインはそそくさと先頭に並ぶ(コーラさんメット忘れて並んじゃったけど)
 隣に並んだクンホリをいじりながら緊張をほぐし鬨の声を。
IMG_1237.jpg
こう言うの鬨の声って言うの知らなかった!!!
 


 この後オデの5耐、一体どうなってしまうんだ!!!



ギャハハハwwwwwまた見てねぇぇ↓↓↓↓↓
 にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
ワイcyclowired載ったで!背中やけど!


金八語録〈3〉


スポンサーサイト



2位じゃダメポ?

商品
09 /07 2017
 はいどうも。おいでませ。
 しかし週末だったり、夜のポイント練だったりって言うタイミングで毎度毎度雨が重なりますね。何かの陰謀でしょうか。レースは雨でも開催されるので雨の日だろうと練習した方が良いんだろうけど洗車するのがメンドクセェ......ってな感じのオデです。
 しかも休日の午前中雨で午後は晴れるとかクソすぎますね。
 最近の天気予報は基本『雨』そりゃそうでしょう。『降らない』って宣言して少しでも降ったら袋叩きですからね。取り敢えず『雨』って言いたくなるのはわかります。「2位じゃダメポなんでしょうか」(←ポいらねェ!馬鹿!)で話題になり後に世界一となった(?)スーパーコンピューター『京』によって天気予報って無茶苦茶確度が上がると思っていたんですけどむしろ無用な混乱を招いているようにしか思えないんですが。そし(←早く行け!馬鹿!)

 ウップス....おっと失礼。冒頭から話が逸れました。前回の記事でアタクシのロード第二章(←虎舞竜みたいな言い方すんな!馬鹿!)が始まった事をお伝えした訳でありますが、ユルユルとその事を綴って行きましょう。

 さて、早速ですが話を進める為にアタクシがたった一日だけ悩んで悩んで悩み抜いて購入に踏み切ったBikeを紹介しましょう。アタクシの脳内を占めていた『カリィくてカッテぇフレーム』に選ばれたフレームはこちら!!











huji.jpg
FUJI SL ELITE (Avantgarde Black)
 










 一体どんなBikeなんでしょうか。少しだけ「ネットの力」拝借して見て行きましょう。(←自分の言葉で言え!馬鹿!)

1899年に創業した日米商店から始まった「FUJI」(フジ)。戦後にはレースバイクの開発にも力を入れ、1970年代には本格的に海外進出。2000年代に入ると、さらに競技志向を高めていった。今回試乗したのは高い剛性と優れたライドフィール、ハンドリング性能を備えた世界最軽量バイクを目指し開発したという「SL ELITE」(SL エリート)。魅力的な価格におさえられた軽量なハイスペックフレームだ。

 

並外れた剛性、優れたライドフィールとハンドリング性能を備えた世界最軽量バイクを作るというコンセプトを基に開発したバイク。多角断面ダウンチューブに使用する超高強度カーボンは2、3 度曲げただけでカーボン組織が壊れてしまうため平面部分に適用させる必要があった。SL ELITE は優れたジオメトリーと高剛性、そして究極の軽さが素晴らしい乗り味をもたらすことはもちろんのこと、楕円断面の極細シートステーによってもたらされる振動吸収性、そしてハイコンパクション製法によって作られるフレームがもたらす優れた弾力は、格別のライドフィールを演出する。全てのロードライダーに全ての局面でその性能の恩恵を受けることができるが、特にクライマーにとってその軽さは大きな武器になることは想像に難くない。また、軽さのアドバンテージから、パーツチョイスによってはレースレギュレーションを大きく下回る重量で仕上がってしまうのが難点。優れたコストパフォーマンスは、ライダーの性能を100% 引き出すことが出来る非常に重要な要素であると考える。

 


 自転車やらない人には不思議な感覚かも知れませんが正確には『自転車を買った』のではなく『フレームを買った』と表現するのが正しい言い方です。
 完成車として買った初号機のフレーム以外のパーツをチョコチョコと変えておいたので、新フレームにそのパーツを移植するわけです。
 
 なぜFUJIを選択し、どうやってここまでに至ったのかを忘れないように触れておきましょう。

 自転車選びって結構難しくて時期によってはNewモデルが発表になっちゃってたり、納期にものすごく時間がかかったり。欲しい車種が中々定まらない。普通は悩みに悩みぬきますわ。
 
 アタクシは『フレームだけ買って自分で組む!』みたいな技術を持ち合わせてなく、さらに、これは色々意見が別れると思いますが、『ネットで買ったものをショップに持ち込んで組んで貰う』って事に多少違和感を持っている為、ネタ持ち込みで寿司握ってもらうみたいな気がして)ショップでフレームを購入し、そのショップで組んで貰う』という選択肢しかありませんでした。そうなると、車種選び云々のまえにSHOP選びが重要になってきます。
 
①自宅からせめて自走圏内にあり
②初号機からのコンポ乗せ換えをお願いすることが出来て
③気になるそのブランドを取り扱っていて
④しかもジャストサイズな在庫がある
⑤知り合いや仲間の評価も高く、安心できるショップ

 が、SHOPの条件ですわ。①②のハードルは低いですが、③になるといきなりターゲットが絞られます。④⑤なんかはっきり言って奇跡でしかありません。

 仲間や知り合いが足繁く通う、若干遠方ではありますが評判の良いショップがあります。FUJIのhpを覗いていたら奇跡的にそのショップでの取り扱いがあるとの事。ご迷惑がかかる為詳しくは言えませんが、色々と情報収集をした結果、どうやら①~⑤を全て満たしているじゃないですか。俄然やる気が出て来ました。ただし、サイズは不明。
 
 CSCで大敗した翌日に目途をつけ、翌々日には在庫とサイズの確認にSHOPへ。奇跡的にジャストサイズなフレームが!!!即効で仮押さえさせてもらい、週末に初号機を持ち込み、正式な見積もりを.....。

 完成車の購入なら普通はそれでおしまいなんですが、フレームセットの購入ってなると、フレームとフロントフォークしかない為にコンポ以外のパーツは新たに揃えなきゃいけませんよ移植してもいいんですけどやはりここは軽量に拘るってことで.....

例えばステム
SUPERLGGERO-RS-POB.jpg
Deda SUPERLEGGERO RS(スーパーレジェーロ RS)  
例えばハンドル
SUPERLEGGERA-RS-POB.jpg 
Deda SUPERLEGGERA RS(スーパーレジェーラ RS)
例えばシートピラー
Superleggera__rs_ponbk.jpg
 
Deda スーパーレジェーロ RSカーボンシートピラー

 ふッ.....これだけで7万超えとるやん....なんとか金銭感覚をドブに捨てて事を進めます。全ての契約を終え、店を後に。全ては秘匿で隠密な行動でした。我ながら素早い行動であっ晴れ。
 帰ってやらなければならん事が。そう翌日は本命レースCSC5時間耐久レース男女混走2名の部に出場する日だったんです。厳しい戦いになる事が予想されているので補給やらサプリ等の準備をしなきゃ。

 初号機のPINARELLOちゃんで出る最後のレースであろう本命レース。このカテゴリーの参加者が少ないので表彰台は確実。ただ同カテゴリーには実業団E1で活躍する御夫妻がいたりして金メダルは到底無理そう。もう思い切ってパートナーのあんこ山さんに「2位じゃダメポなんでしょうか」(←だからポって何だ!馬鹿!)って聞いてみようかなどうしよう。とか考えながらチャリンコ押してると
 IMG_1007.jpg
はい、MASAさんに早くも見つかるwwwww
 
  何とMASAさんばったりwwwww即効で秘匿で隠密な行動がばれるという...。全てを打ち明けますwwww


 MASAさんも翌日のCSC5耐ソロに出場の予定で、これから準備するんだとか。そんなこんなでオッサン2人で大盛り上がりしながらフとiphoneに目をやります.......。そこにはCloud9のチームラインが。何気なく目を通すとそこには衝撃の事実が!


 一体そこには何が書かれていたんだ!そこには衝撃の事実が!!!物語は脳内リフレイン野郎の怪しげな行動から一気に『衝撃のCSC5時間耐久レースFe大事大事編』に続く!
 
ギャハハハwwwwまた見てねぇぇ↓↓↓↓↓

インプレはまだまだ先の話じゃ!


一番じゃなきゃダメですか?


heckun

 神奈川県県央在住妻子ありのオッサンリーマンローディ。2015年よりロードバイクを始めました。金なし、不器用、知識なしの三拍子そろい踏みですが感じた事、雑感を書き記します。