2017 JCRC第1戦日本CSC Xクラス レースリポート

レース
04 /04 2017
 2017年4月1日(土)に開催された「JCRC第1戦日本CSC Xクラス」のレースリポートです。(文字ばっかです....)

・・・・・・・・レース1週間前から当日の天気が怪しい雰囲気に。気象庁のお偉いさんも安全マージンを取っているだけだろうとタカをくくっていたが3日前になっても雨マークは消えず。前日になっても予報は生憎の雨。ただ、少し早まった模様で当日の午前6:00には止む予報となっていた。
 レーススタートは9:42。さすがにスタート前には止むだろうと出場を決意。ZAPPEIのマツさんも当日直前に降ってなかったら出るとの事で取り敢えず現地までは行く事を約束。
 
 マツさんを迎えに行った時点でも雨はわずかながら降っていた。自転車を積み込みいざ修善寺へ。雨は止む気配がない。止む予定の6:00になっても普通に降っていた。二人の顔が段々青ざめて行く。熱海を過ぎ伊豆に入っても雨は降り続け、あっという間に日本CSCに到着。その時駐車場の様子を撮った貴重な1枚。
IMG_0399.jpg
ガッラガラやんΣ(ω |||)

 そう、到着が早いこともあったんだけど流石にこの雨じゃね.....。開門までまだ時間があるので車内で待機。雨はどんどん強くなってくる。風も吹き始めた。車のインパネに表示された車外の気温は2度。マツさんも俺も押し黙っていた。徐々にではあるが参加者が集まって来た。しかし誰も自転車下ろそうとする人がいない。皆雨は止むと淡い期待を寄せているようだ。
 
 そうこうしているうちに開門時間に。皆嫌々自転車を組立始める。そんな回りの状況に促されるように我々も重ーい腰を上げ準備。マツさんは初めての為試走はマスト。試走は遅くとも8:00にコースに入らなければならない。ブルブルと体を震わせながら受付を済ませ、取り敢えずコースイン。

 雨は小雨ながら振り続けている。ブレーキが全く効かない。ビビる位。マツさんと顔を見合わせる。ユルユルと試走を済ませコースアウト。全く体が温まらない。逆に芯まで冷えた。

 この時点でまだ8時15分位。Xクラスのレーススタートまではまだ1時間30分程。管制塔横のテントでは雨風が凌げない為一旦屋根がある場所に退避。ここならコースの多くが見渡せる。しかし退避するも雨がどんどんと強くなる。しかも少しミゾレまじりだ。体は極限に冷えてる。体を動かしながらEDクラスやC、Dクラスのレースの模様を観戦。正直この時間本当に地獄だった。

 9時20分頃スタートに備えコースイン。管制塔横のテント下に身を寄せる。思ったより参加者が多い。皆体をガッタガタ震わしている。唇も紫だ。プールに長時間入り過ぎた小学生のようだ。

 当初素足、半袖で出ようと思っていたが絶対無理。レースなのにウィンドジャケットまで着込む。5分前になり(ギリギリまで並ばなくて良いように配慮してくれた)ようやくXクラスの整列時間。皆イソイソと並ぶ。マツさんは安定の最前列。俺は2列目。前回もそうだったが何故かここではあまり緊張しないんだよな。

 冷たい雨が降り続ける中、冷酷にも聞こえる乾いたピストル音が鳴り響いた。Xクラスのスタートだ。
DSC00977.jpg
下りコーナーを果敢に攻めるマツさん(ワシの写真ないんだけど...)

 このクラスは脚力を客観的に判定してもらう為のクラスなのでいわば玉石混合。いろんな層の選手がいる。どのカテゴリーでも展開は未知だけど、特にXクラスでは脚力が違いすぎる人に足を削られ後半垂れちゃう事が予想される。初めの1号橋からの上りで大凡の様子を見よう。

 先導のバイクからクラクションが。1号橋に差し掛かったところからレーススピードに。一気に強度が上がる。みんな案の定物凄い踏んでる。1月のレースでは約2分で300w位の上りだったはずなのに。明らかに強度が高い。一発目の上りを終えた頃には集団はバラバラに。

 約1分30秒下る。スピードが出過ぎないように慎重に。ドライなら70km/h出る下りも50km/hそこそこ。慎重に2号橋に差し掛かる。この時点で高校生を先頭にワシ、ワンピースの方、黒いジャージの方の4人の集団に。15m程先に1人で逃げている方。ガタイは大きめなのに強い。上りもグイグイと進んでいく。

 せっかく集団に入っているんだから変なペースで惑わされたくない。ここはパワーメーターを凝視して一定のペースで....と思ったが雨で濡れて画面が良く見えない。室内用に画面も暗くしてるので更に見えない。何ワットで走ってるか。心拍がどれくらいなのかさっぱりとわからない。しょうがないので何としても食らいつこうと。

 この集団それぞれに特徴が。黒いジャージの方は上りが得意そう。下りで抜かしてもすぐに追いついて来る。一方ワンピースの方は下りが得意そう。上りでつけた差を下りですぐに埋めて来る。高校生は淡々と。どの局面でも集団の前に。管制塔前でワシと同じ位のお父上と見られる男性が応援してる。

 レースは抜きつ抜かれつを繰り返しながらこの集団のままあっという間に最終LAPへ。そりゃそうだ3周しかないんだから。ジャンが鳴り響く。三度1号橋からの上りへ。しかし下りで勢いをつけられないのは痛い。必死で食らいつく。上りで差をつけるも2号橋までの下りでワンピースの方に追いつかれる。そのまま秀峰亭までの上り区間へ。ほぼ横並び。ほんと皆必死だ。当たり前だ。じゃなきゃこんな日にレース出ないよwwww。

 秀峰亭を過ぎて一瞬の平坦。とここで高校生がアタック。差が開く。少し下って右コーナー。そして最後の10%の上り。ワシ、黒ジャージの方、ワンピースの方はまだ横並び。前を行く高校生との差が開く。ここで諦めるのか?もしかしたら着に絡めるかも知れないぞ?少しだけ粘れば黒ジャージの方、ワンピースの方が諦めてくれるかも知れない。

 ローラー練の最後、むりくり出しきる時のイメージで踏む。ふとパワーメーターに目をやる。うっすらと心拍が見える。何とこんなに苦しいのにまさかの160台wwww
レースデータ 
 最終コーナーを回る。依然高校生が10mほど前を先行。少し後ろが気になった。物音がしない。なんとか引き離せたのか?そんなこんなで最後ちょっともがいてゴール。後でデータ見たら心拍もパワーも全然上がってない。体温とパフォーマンスは相当な相関があるのね。

 気になる結果は......7位。後で調べたらどっかのTTチャンプとか実業団クリテで優勝してる人とかも混じってた様子。4位までは正直異次元過ぎだった。

 翌日脚力認定が発表された。やはり4着まではCクラス。ワシはDクラスだった。甘いかもしれないけどD認定された中では3番目だったのでヨシとしたい。自分なりに出しきれたのではないかと思う。思い切って出場してよかった。
 
・・・・・・・・・・レース後マツさんと合流し急いで車へ。体が冷え過ぎてる。口がまともに開かない。自転車を放り投げ飛び込むように車内へ。5本指の靴下が履けない。足の指先がかじかんで感覚がない。急いで着替える。暖房はMAX。正直ワンボックスタイプの車で本当に良かった。大人2人のパーソナルスペースが何とか確保出来るからだ。少しだけ落ち着き自転車を積み込む。

 やっと落ち着いた。運転席と助手席でオッサン2人で放心状態。ふと思い出したようにボタンに手をやる。
seat_h.jpg 
シートヒーター!!
 2人で顔を見合わせる。これ最高。
14535550.jpg
 みるみる内に血の気が戻っていく。やっとテンションが上がり帰路へ。なんだかんだ道中楽しかった。反省会の約束をして帰宅。15km程しか走ってないので自宅でローラー。夜の焼き肉に備える。
 
 正直体重管理や練習の調子が良かったので天候だけは残念だったが良い経験が出来た。何だかんだ多方面から応援もして頂いたし。今後も昇級目指して頑張ります。応援ありがとうございました。

ギャハハハwwwwまた見てねー↓↓↓↓↓
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
まじめか!!


おもひでぽろぽろ [DVD]


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

今回はウェットコンディションにビビってDNSしてしまい、ホントに申し訳ありませんでした。
雨と寒さの中でも、周りの選手と競い合うロードレースの醍醐味を味わえたようで何よりです。
次回は一緒に出場できたらいいな^ ^

No title

D認定、オメです。

読ませますね~。
一気に読んじゃいました。
にしても、普段の投稿との落差がすごいw(゚∀゚)

Re: タイトルなし

いなばさん

> 今回はウェットコンディションにビビってDNSしてしまい、ホントに申し訳ありませんでした。
> 雨と寒さの中でも、周りの選手と競い合うロードレースの醍醐味を味わえたようで何よりです。
> 次回は一緒に出場できたらいいな^ ^

いえいえ、とんでもありません。むしろ早めの決断力に憧れますwww
アタクシも最後の最後まで悩みましたが決断が出来ずズルズルっと。まーこの日に合わせて来たつもりでいるので、開催される限り出ようとは思っていましたけど。思い切って出て見て良かったです。仰るようにロードレース感を味わう事が出来た貴重な1日となりました。いなばさんのクラスに昇格出来るよう頑張ります(^^)

Re: No title

張さん

> D認定、オメです。
>
> 読ませますね~。
> 一気に読んじゃいました。
> にしても、普段の投稿との落差がすごいw(゚∀゚)

おお!なんか嬉しい!ありがとう!
つか台湾でちゃんと仕事してるのかね(=_=)
国際問題だけは注意注意よ!「日本の☆背負った壁野郎がががが....」とかwwww
帰って来たらまた走りに行きましょう!

憧れのCSC☆彡
おいらがとうに忘れた《必死》という言葉!!
何もかもが羨ましく、そしてめっちゃ格好良いです\(^o^)/

迷いのないへっさんに少し寂しさを感じてますけどw

ただのトキメキ野郎なのに申し訳ありませんが^^;この先のへっさんの挑戦をずっと応援させて欲しいと思っております(≧∇≦)b

Re: タイトルなし

コーラさん

> 憧れのCSC☆彡
> おいらがとうに忘れた《必死》という言葉!!
> 何もかもが羨ましく、そしてめっちゃ格好良いです\(^o^)/
>
> 迷いのないへっさんに少し寂しさを感じてますけどw
>
> ただのトキメキ野郎なのに申し訳ありませんが^^;この先のへっさんの挑戦をずっと応援させて欲しいと思っております(≧∇≦)b

いやーありがとうございます(^^ゞあの悪条件ですから必死にもなりますよwwwwww
コーラさんただのトキメキ野郎は5000upとかしませんので(*_*)4/23頑張ってください!
お互い初老ですがやれる事をやって行きましょうwwwww

heckun お疲れ様でした。
こんな真面目な文章のブログに、当日のレースコンディションの厳しさを改めて感じた次第です。
次は是非群馬CSCに挑戦して下さい。よりレースの駆け引きを感じられるシチュエーションだと思いますよ(^-^)/

Re: タイトルなし

tatsuyaさん

> heckun お疲れ様でした。
> こんな真面目な文章のブログに、当日のレースコンディションの厳しさを改めて感じた次第です。
> 次は是非群馬CSCに挑戦して下さい。よりレースの駆け引きを感じられるシチュエーションだと思いますよ(^-^)/

その節は色々ありがとうございました!文章真面目ですか?将来的にはこんなブログを書いて行きたいと思ってますwwレースコンディションは最悪でしたが良い経験が出来たと思っています(^^ゞ
今年中には群馬CSC走ってみたいと思います!

heckun

 神奈川県県央在住妻子ありのオッサンリーマンローディ。2015年よりロードバイクを始めました。金なし、不器用、知識なしの三拍子そろい踏みですが感じた事、雑感を書き記します。